マグネット印刷の活用法をご紹介!

このサイトでは、マグネット印刷を使用するにあたっての活用方法やメリット、コストに関してなどについて紹介しています。
手のひらサイズのものが多いため、ポストに投函しやすく、宣伝として使用しやすいのが特徴です。
他のチラシなどに比べてもサイズが小さいため、コスト面を抑えることも可能です。
配布する数量に気を付けて準備をしておけば、在庫を余らせることもなく、会社の印象をアップすることにつなげることができます。

マグネット印刷の活用方法といえば宣伝!

マグネット印刷の活用方法といえば宣伝! マグネット印刷の便利なところは、やはりサイズ感と宣伝力ではないでしょうか。
マグネットといえばよく冷蔵庫などに貼ってあることが多く、冷蔵庫はどこの家庭にもあり、使用頻度が高いためよく目について販促効果が良いのがポイントです。
折込チラシなどは量も多いため見落としがちですが、ポストに直接投函されたマグネット印刷のステッカーは必ず手に取ります。
手に取って見てもらえる機会が上がるため、宣伝に活用しやすいものです。
サイズが小さい分詳細事項の記載はしにくいですが、スマートフォンなどが普及されている現代のインターネット社会では、QRコードを載せて詳細のホームページを確認してもらうといったこともできるため、取り入れやすい宣伝方法になっています。
マグネットを使用するため価格が心配という方には、シンプルなA7サイズで印字色を少なく、ラミネート加工などをしないタイプのものもあり、コストを抑えることが可能です。

広報でマグネット印刷を活用する方法があります

広報でマグネット印刷を活用する方法があります どこにでも貼り付けることが出来る、マグネットシート。
これらに社名や商品名をマグネット印刷することで、立派な宣伝活用道具になります。
マグネット印刷は広報の分野や注意喚起を行う場所で、よく活用されているものです。
車に貼り付けることで、周囲の車や人々にPRすることが出来ますし、広報の広告戦略の一環として、マグネット印刷を配布して知名度をアップさせるという方法もあります。
実に多くの場面でマグネット印刷は活用されていますので、自分の会社オリジナルのものや、販促グッズなどとして取り入れてみてはいかがでしょう。
宣伝用や防犯パトロール用としても、マグネット印刷の製品は使われています。
貼り付けるだけで効果があるのですから、費用も低コストで済む優秀な方法です。
小ロットから対応してくれる印刷会社もあるので、まず見本からオーダーするということも出来ます。
個人で制作したいというニーズにも、きちんと応じてくれるお店が多く安心出来るでしょう。
ノベルティグッズやコミケ商品などの場合は、データを入稿し好みの形でマグネットを切り取りしてくれるサービスも存在します。
それぞれの目的にあったサービスを探し、まずは気軽に相談や見積もりをしてみましょう。

マグネット印刷の方法について簡単に説明します

マグネット印刷はノベルティーや販促物に最適のグッズです。 アニメやキャラクターグッズとしてもお馴染みの定番なので、製作を頼める業者も数多くいます。
画像データを作り専用のプリンターで印刷し、抜型で成形して作ってゆくのです。 シートに対してロスが出ないような配置をしながら、デジタルデータを作り込んでゆきます。
マグネット印刷の方法はプリント面のPVCラミネートフィルムに、顔料塗料を載せてゆくことで印刷するのです。裏面はマグネットシートになっていますから、鉄部にはしっかり貼ることも剝がすことも出来ます。 UVインクジェット方式を選択すれば、作ってからすぐに実用出来ますので急いでいる時にはマストな制作方法になります。多色の色を使いたい場合はシルクスクリーン印刷がきれいなのでお勧めです。
簡易的な物を少数用意したいのならば、100円ショップでマグネットシートを購入し、家庭用のプリンターでデザインを印刷し、ハサミやカッターなどでフリーハンドでカットすれば出来上がりになります。

マグネット印刷を進める際には素材を確認することが大切

マグネット印刷を行う際には、素材を確認することが大切となります。シート上のマグネットに印刷できるマグネットシートは、主に酸化鉄と呼ばれる素材を用います。マグネット印刷を行う業者では、様々なサイズのシートにプリントを行うことが可能となっています。
磁力を持つシートへプリントすることは、日用品を扱う業者にとっては、高い販促効果を得られることもあるものです。
冷蔵庫の壁面に装着するなど、マグネット印刷を使った販促には、ユーザに高い訴求効果を与えることがあるからです。
水回りの問題へ対処する業者であれば、マグネット印刷を用いて、自社の電話番号を印刷しておくのも良いでしょう。
冷蔵庫の壁面にマグネットがあれば、問題が起きた際に、すぐに問い合わせを行ってくれるからです。シートに印刷する際には、どのような図柄であるかの検討も必要です。殆どの印刷業者では、事前に受けられる無料相談を行っています。
印刷を依頼する前に、どの程度の費用が掛かるかや、適切な印刷イメージの相談を行えるのです。

マグネット印刷通販は1枚からも大量注文もOK

マグネット印刷の通販では、オリジナルデザインでの注文が可能です。そして、1枚からでも注文することが可能なので、お店での利用だけでなく個人でオリジナルデザインでの作成がしたい方も利用できます。大量に注文すれば単価が下がることが多いので、大量注文もお得です。
冷蔵庫や黒板など、屋内での利用を想定した物だけでなく、防水性を備えた屋外使用もあります。形も選べますし、印刷するデータは自分で作成できるので、オリジナルのマグネットを手に入れることが可能です。
詳細メニューはマグネット印刷通販によって異なりますが、いずれの業者も選べる選択肢は多くなっているので、うまく活用すればイメージ通りに仕上げられるはずです。
デザインも、テンプレートがあるところなら専用ソフトを用意する必要がありません。
用意されているデータを組み合わせて楽々オリジナルデザインが完成します。パソコン操作ができる方なら特に基礎知識を必要とせず、気軽に注文できます。

マグネット印刷業者に広告を作ってもらおう

マグネット広告は、捨てられにくいので見てもらえる可能性が高まります。多くの人は冷蔵庫に貼っておくので、必要な時にサービスを利用してもらいやすいです。
そのため、水道修理や法律事務所など、いざと言う時に頼るタイプの分野で宣伝に使われています。マグネットはオリジナルで作るのも簡単です。
マグネット印刷を行う業者では、デザインを入稿するとそれを印刷した完成品を作ってくれます。
また、業者によっては印刷後のポスティングも合わせてやってくれるところもあり、これなら全てを任せられて楽です。
マグネット印刷のコストもさほど高くはありません。
むしろ、配布しても捨てられやすく見て貰えないチラシやフライヤーなどよりも費用対効果に優れている媒体です。
ネットから注文できる業者は、全てネットで完結するので注文も簡単に行えます。データを一定期間保存してくれるところなら、足りなくなった時の再注文もすぐ行えるので、継続的な利用にもおすすめです。

マグネット印刷を大量に制作するにはデザインは重要です

会社を運営している方が、自社の販売促進のためにマグネット印刷を利用することがあります。水回り関連の会社では古くから採用をしている方法ですが、飲食店やアパレル店などジャンルを問わずに活用することも可能です。
マグネット印刷を制作するにインターネット上で通販店を開設している専門店を利用する方法が最もお得になり、発注のロット数やマグネット印刷のサイズや形状、耐水性や耐候性など素材による違いもあるものの、1枚当たりの単価が低いことが特徴的です。
どのような業種でも制作をするにはデザインを作成する能力は非常に重要です。
会社や店舗が利用するサイズはコンパクト型で手のひらサイズが圧倒的に多いので、小さなシートを優れたデザイン力で魅力あるグッズとして作ることで捨てられてしまうリスクを回避できます。
デザインは各店舗により入稿方法が異なるので、事前に確認をすることと、グラフィックソフトを使う際には、対応している拡張子も確認しておくと万全です。

高品質なマグネット印刷の会社の利用は販売目的でも利用可能です

一般的にマグネット印刷を制作する際には、会社など法人が販売促進や宣伝用として作ることが行われています。冷蔵庫など金属の部分に貼り付けることができることや、コンパクト型によって邪魔にならないことがメリットになり、自宅内で起きてしまうトラブルを解決するような業種では積極的に利用をしてます。
ところがマグネット印刷を受注する会社は、ネット上に通販サイトを開設していますが、各社のホームページを確認すると自由なサイズを指定できたり、表面が紙ではなく高品質な素材を採用している種類もあるので、デザイン次第では発注者は販売用のグッズとして活用する方法でも使うことができます。
特にグラフィックデザインを得意分野にしている方で、多くの方が興味を持つデザインであれば、発注したマグネット印刷をネット上で売る方法や、イベント開催の会場で売るなど売るルートは複数使うことができます。
商品化をする際には高品質な素材で耐候性に優れているベースを選ぶ方法が最善策となり、ネット通販で受注をしている専門店では1枚当たりの単価は低めに設定をしているので、利益を齎す商品を作成依頼することは決して難しいことではありません。

マグネット印刷で有名な2種類の方法とその特徴

マグネット印刷には色々な種類がありますが、大まかに分けた場合の2種類の方法を確認すると、直接印刷と後から貼り付けるタイプとがあります。
直接印刷をするケースでは、王道な方法にインクジェット出力した塩ビシートをマグネットに貼るタイプがあります。
このタイプならフルカラーでの印刷が簡単にできますし、ラミネート加工すれば屋外用としても利用可能です。屋内用やホワイトボード用としても一般的に使われている種類のマグネット印刷であり、幅広い用途に使えるのが大きな特徴です。
後から貼り付ける方法では、ダイレクトプリントしたり糊付きの合成紙や塩ビタックにインクジェットプリンタで印刷してから、それをマグネットシートの土台に貼り合わせるという手段も用意されています。
高精細の表現ができる合紙加工は非常に便利ですが、断面から水が染み込むと劣化しやすいという弱点もありますので、使用する場合には用途を絞った方が良さそうです。

マグネット印刷は企業の宣伝効果に役に立つ

マグネット印刷は、幅広い職種の企業の宣伝効果になるアイテムになります。水道工事業者の広告物などでは、マグネットシートタイプの広告がよく見られます。
このように、チラシや新聞広告だけではなく、マグネットタイプにするだけで、さまざまな効果を得られます。
マグネットシート印刷は、色んな場面で活用できます。冷蔵庫などで貼り付けるのはもちろん、車に貼り付けるマグネット印刷の商品もあります。
マグネット商品を一般家庭の自宅や法人の事務所などへポスティングすると、冷蔵庫やホワイトボードなどに貼ってもらえることも多いです。
社名を覚えてもらえますし、いざ必要になったときにマグネット印刷の商品の連絡先を見て問い合わせにも繋がります。
そして、車に貼り付けて宣伝カーとしても活用できるため、車に乗車している人や通行人など、色んな人に見てもらえるチャンスがあり、宣伝効果が抜群によいでしょう。車のサイドや後部に貼ってみるとよいです。

マグネット印刷のグッズは安く作ることができる

マグネット印刷はその名の通り、マグネットに好きな絵柄などを印刷するものですが、屋内用や屋外用だけでなく、塩ビやプラスチックなど素材もさまざまです。
イベントやコンサート会場などではグッズとしても人気があり、バンドのロゴマークを印刷したり、アーティストや芸能人の顔を印刷したりすることができます。
現代では合成紙や塩ビを使うことで形を自由に設定できますし、インクの乗りも十分で耐久性も問題ありません。
マグネット印刷は多くの企業が加工を行っていますが、紫外線(UV)耐性のある塩ビで面積が50平方センチメートルなら1枚2.5円前後で作ることが可能です。
中には形の加工代金が無料となっているところもあり、デザインによっては低コストで作成して多くの利益を得たり、自分で楽しむ用にグッズとは別に数枚発注することもできます。
折れには弱いものの、曲げた癖が付いてしまっても、数時間~1日程度圧力をかけることで元に戻すことが可能です。

マグネット広告の参考サイト

マグネット印刷